若い子だけのものじゃない!SNSをまず知ろう

>

自分はここにいますと生きている証を残したい

全部パソコンからの更新

ソーシャルネットワークサービスの先駆けのものが現れたのは1990年代だと書きましたが、その頃はすべてパソコンからの更新でした。
インターネットの普及とともにソーシャルネットワークサービスも多様化してきました。
昔はブログを書くのもパソコンからで、いちいちパソコンを起ち上げて書かなければなりませんでした。
写真を撮ってアップするにもデジカメで写真を撮って。
パソコンに落として。
さらにブログに載せるって今から考えたらなんて手間のかかる話なのでしょうか。
でも、今も昔もかわらないのはやはりコメントをもらえると嬉しくて、次を考える糧になるということですよね。
みんなに知ってもらいたいって思って更新するのは今も昔も一緒です。
ただ方法が変わってきたっていうだけの話です。

カメラ付き携帯の普及

2000年代になるとカメラ付き携帯が普及してきました。
すると簡単に写真をブログにアップロード出来るようになりました。
するとみんなこぞってブログに写真を載せるようになりました。
その頃から女の子達のランチやカフェで食べたものを写真に撮ってサイトやブログにアップするという作業がはじまったのかもしれませんね。
そして、時代はフューチャーフォンからスマートフォンへ移行し、通信速度もものすごく早くなりました。
パソコンでチャット会話を楽しんでいたように、スマートフォンでサクサクと文字での会話も楽しめるようになりました。
ソーシャルネットワークサービスも時代とともに変化してきています。
昔は不特定多数の人に見てもらうようなものが主流だったのが、今はサイトやアプリに招待してもらったり、会員登録しないと使えないものが主流です。
セキュリティの問題も浮上してきたからなのでしょうね。